小学校で習った円について考えていきたいと思います。

中心がである円をえんといいます。

弧と弦

円周の一部分を切り取ったものをと呼び、とかきます。

円周上の点CDを結んだ直線をげんといいます。

円と弦には以下の性質があります。

円の弦の性質 証明
円の弦の垂直二等分線は円の対称の軸となり、円の中心を通る。

接線

円と直線が1点だけで交わるとき、円と直線は接するといいます。このときの接する直線を接線せっせん、接する点を接点せってんといいます。
接線には次のようなルールがあります。

円の接線 証明
円の接線は接点を通る半径に垂直である。

よかったらクリックしてください。

Comments are closed.

Share
Writer:
Dr?Thomas

Recent Posts

近似値と有効数字

物を測る時などに出来るだけ正確に測ろうと…

12か月 前

様々な代表値

資料を整理するに当たって様々な代表値をつ…

1年 前

相対度数

総数が違う資料を比べるときにどのようにし…

1年 前

度数分布

いろいろな資料を整理して使う方法を考えて…

1年 前

球の体積、表面積

今回は、球について考えましょう。

2年 前

立体の体積

立体の体積について考えてみましょう。

3年 前