座標

小学校でも習った、グラフについてもう少し詳しく見ていこうと思います。

小学校までは、負の数がなかったので、グラフは正の数の部分しかありませんでした。

横軸と縦軸

中学校へ入って負の数が入ってきたため、グラフも負の数が入ってくることになります。

このとき横伸びて先に矢印が付いている線をじく横軸よこじく)といいます。また、縦に伸びて先に矢印が付いている線を縦軸たてじく)といいます。

座標

グラフ上の場所を表すときに使うのが座標ざひょうです。横軸と縦軸の場所を表します。例えば、

上のAという場所の座標を表すのに、軸上、軸上の場所を使って、

A(3,5)と表します。このとき、3を座標、5を座標といいます。

よかったらクリックしてください。

共有:

Comments are closed.

Share
Writer:
Dr?Thomas

Recent Posts

近似値と有効数字

物を測る時などに出来るだけ正確に測ろうと…

8か月 前

様々な代表値

資料を整理するに当たって様々な代表値をつ…

11か月 前

相対度数

総数が違う資料を比べるときにどのようにし…

1年 前

度数分布

いろいろな資料を整理して使う方法を考えて…

1年 前

球の体積、表面積

今回は、球について考えましょう。

2年 前

立体の体積

立体の体積について考えてみましょう。

2年 前