図形の作図

図形をきれいに作図できることは数学の問題を解くうえでもとても大切なことです。

図形を書いていくときにどうしても、垂線が引きたかったり、角を半分にしたかったりすることがあり余す。そんな時に、その作図方法を知っておけば、きれいな図が書くことができます。

作図をするときに注意しないといけないのは作図はコンパスと定規だけで行うということです。

作図をするために必要な言葉を一つ知っておきましょう。

円の円周の一部を切り取った部分のことをといいます。

角の二等分線

それでは、ある角を半分にする作図方法を考えていきましょう。

角を二等分する作図方法は下のようになります。

垂直二等分線

ある線分の真ん中を通り、垂直に交わる線を垂直二等分線といいます。

それでは、作図方法を考えましょう。
垂直二等分線の作図方法は下のようになります。

垂線

最後に垂線の作図をしましょう。垂線の作図方法は2通りあります。点の場所によって違うのでよく見ておいてください。

点が線上にあるとき

点が線上にないとき

以上が作図の方法です。あまり多くないので、しっかり確認しておいてください。

よかったらクリックしてください。

共有:

Comments are closed.

Share
Writer:
Dr?Thomas

Recent Posts

近似値と有効数字

物を測る時などに出来るだけ正確に測ろうと…

7か月 前

様々な代表値

資料を整理するに当たって様々な代表値をつ…

11か月 前

相対度数

総数が違う資料を比べるときにどのようにし…

1年 前

度数分布

いろいろな資料を整理して使う方法を考えて…

1年 前

球の体積、表面積

今回は、球について考えましょう。

2年 前

立体の体積

立体の体積について考えてみましょう。

2年 前