直線

小学校では、たくさんの図形を習ったと思います。

図形にはいろいろなものがあります。三角形や台形、円、直方体や立方体も図形です。
その図形を囲っているのが線です。

線には大きく分けて、曲線と直線があります。曲線曲った線のことです。

では直線とは何でしょうか。

直線どこまで伸ばしてもまっすぐな線のことを言います。どこまで伸ばしてもというのがポイントです。つまり直線という言い方をすると、端がないのです。

では両端のあるまっすぐな線を何というのでしょうか。

これを線分せんぶんといいます。直線を端で分けているので線分なんですね。

また、端が一方しかないまっすぐな線半直線はんちょくせんといいます。半分だけどこまで行っても端がない直線なので半直線です。

それぞれを図で表すと、

直線AB

線分AB

半直線AB

半直線BA

半直線のかき方だけ気を付けてください。半直線ABとかくとBの方にどこまでも伸びていきます。逆に半直線BAとかくとAの方にどこまでも伸びていきます。

よかったらクリックしてください。

共有:

Comments are closed.

Share
Writer:
Dr?Thomas

Recent Posts

近似値と有効数字

物を測る時などに出来るだけ正確に測ろうと…

8か月 前

様々な代表値

資料を整理するに当たって様々な代表値をつ…

11か月 前

相対度数

総数が違う資料を比べるときにどのようにし…

1年 前

度数分布

いろいろな資料を整理して使う方法を考えて…

1年 前

球の体積、表面積

今回は、球について考えましょう。

2年 前

立体の体積

立体の体積について考えてみましょう。

2年 前