正負の乗法

フクロウ博士
今回はかけ算について考えるぞ
ペンギン君
小学校の時に必死に覚えた九九が登場するんですね
フクロウ博士
そう、でも中学校ではそれだけではないぞ。
ペンギン君
なにかあるんですか?
フクロウ博士
ほれ、中学からは+や-といった符号が出てきているじゃろ。それを考えないといけない。
ペンギン君
なんだか難しそうですね。
フクロウ博士
何も難しくない。しっかり覚えれば簡単じゃ。

乗法

かけ算のことを乗法じょうほうといいます。この乗法の答えをせきといいます。今回はまず、正の数同士のかけ算を考えましょう。

   

これは小学校で習ったものと同じなのでわかりやすいですね。

正の数×負の数

ではこのかける数を1ずつ小さくしていくとどうなるでしょう。

   

3ずつ小さくなっているのが分かります。さらにこれを続けるとどうなるでしょうか、かける数が1小さくなると答えが3小さくなるので、

   

というふうになります。ここからわかることは、「正の数と負の数をかけると答えは負の数になる」ということです。これで符号を決めることができます。

符号が分かれば後は絶対値です。よく見てみると、絶対値同士のかけ合わせた積が答えの数字になっています。

負の数×負の数

では、負の数同士の乗法を考えてみましょう。まず正の数と負の数の積は負の数で絶対値の部分はそれぞれの絶対値をかけ合わせたものなので、

   

となります。上と同じように考えると、かける数が1減ると答えは3増えるので、

   

となっていくことが分かります。つまりここからわかることは、「負の数同士をかけると答えは正の数になる」ということです。これで符号を決めることができます。

符号が分かれば後は絶対値です。よく見てみると、絶対値同士のかけ合わせた積が答えの数字になっています。

正負の乗法

まとめてみると、「乗法は、正の数同士や負の数同士の場合、符号は+に、正の数と負の数の場合は符号は-になる。絶対値は2つの数の絶対値をかけあわせた積になる。」ことが分かりました。

それでは、練習をしてみましょう。

(1) (2)
(3) (4)
(5) (6)

よかったらクリックしてください。

共有:

Comments are closed.

Share
Writer:
Dr?Thomas

Recent Posts

近似値と有効数字

物を測る時などに出来るだけ正確に測ろうと…

7か月 前

様々な代表値

資料を整理するに当たって様々な代表値をつ…

11か月 前

相対度数

総数が違う資料を比べるときにどのようにし…

1年 前

度数分布

いろいろな資料を整理して使う方法を考えて…

1年 前

球の体積、表面積

今回は、球について考えましょう。

2年 前

立体の体積

立体の体積について考えてみましょう。

2年 前