2つの直線

2つの直線の関係を整理していきます。

2本の直線があるときの関係は、大きく分けると2パターンに分かれます。
それは、交わるか交わらないかの2つです。

交わる場合

2直線が交わる場合は2つの直線が1点で交わります。

2つの直線が交わるとかくができます。この角を記号を使って表すことができます。

上の図の角はAOBまたは、Oと書き、「角AOB」または「角O」と読みます。

また、2つの直線が90°(直角)でまじわるとき、この2つの直線は垂直すいちょくに交わるといいます。また2つの直線は直交ちょっこうするとも言います。

2つの直線A,Bが垂直に交わることをABとかき、「A垂直B」と読みます。

またこのAとBの直線の関係を「AはBの垂線すいせん」、「BはAの垂線」といいます。

交わらない場合

2つの直線が交わらないとは、どこまで行っても交わらないことを言います。このような2つの直線の関係を平行へいこうであるといいます。

2つの直線A,Bが平行になることをABとかき、「A平行B」と読みます。

よかったらクリックしてください。

共有:

Comments are closed.

Share
Writer:
Dr?Thomas

Recent Posts

近似値と有効数字

物を測る時などに出来るだけ正確に測ろうと…

8か月 前

様々な代表値

資料を整理するに当たって様々な代表値をつ…

11か月 前

相対度数

総数が違う資料を比べるときにどのようにし…

1年 前

度数分布

いろいろな資料を整理して使う方法を考えて…

1年 前

球の体積、表面積

今回は、球について考えましょう。

2年 前

立体の体積

立体の体積について考えてみましょう。

2年 前