立体の体積

立体の体積について考えてみましょう。

角柱、円柱の体積

角柱や円柱の体積はとても簡単です。小学校で習った直方体を例にとって考えてみましょう。

直方体の体積は、

直方体の体積=縦高さ

でした。これは見方を変えると、こう考えることもできます。

横は長方形の面積つまり直方体の底面の面積です。だとすると、

直方体の体積=直方体の底面積高さ

となります。これをほかの角柱や円柱に応用すると、こう考えることができます。

角柱、円柱の体積=底面積高さ

角錐、円錐の体積

角錐や円錐は先がとがっているので角柱、円柱のようにはいきません。

底面積と高さが同じ角柱と角錐では体積は明らかに角錐の方が小さくなるのは、図を見ればわかりますがではどれくらい小さいのでしょうか。

実は角錐の大きさは角柱の大きさのの大きさになっています。これは円錐と円柱でも同じことが言えます。*1

ですので、角錐の体積は角柱の体積にをかけた、

角錐、円錐の体積=底面積高さ

になります。


*1 なぜになるのかというと、高校で習う積分の考え方を用います。

底面の面積が高さがの角錐または円錐を考えます。そこに頂点からだけ下の場所の断面積をとします。
面積比は相似比の2乗倍なので、

   

今できるだけ小さいをとってきて、の体積を考えるとその体積は角柱の体積と同じであるとみなすことができるのでとなります。

ここで積分の考え方を使って体積を考えると、

   

となってになることが分かります。

よかったらクリックしてください。

Comments are closed.

Share
Writer:
Dr?Thomas

Recent Posts

近似値と有効数字

物を測る時などに出来るだけ正確に測ろうと…

10か月 前

様々な代表値

資料を整理するに当たって様々な代表値をつ…

1年 前

相対度数

総数が違う資料を比べるときにどのようにし…

1年 前

度数分布

いろいろな資料を整理して使う方法を考えて…

1年 前

球の体積、表面積

今回は、球について考えましょう。

2年 前

立体の表面積

立体の周りの面積について考えてみましょう…

3年 前