Yymnk

Ver 3.3

WordPressの自作テーマです。このテーマを使用することで以下のことができます。

  • 目次を自動で投稿と個別ページに挿入できます。
  • fancyBoxの機能を[メディアを挿入]の[ギャラリーを作成]に設定できます。
  • Prismを使って<pre><code>~</pre></code>間をシンタックスハイライトできます。
  • トップに戻るボタンを表示できます。
  • 自動で関連項目を表示します。
  • サイドバーを2つまで設置することができ、表示場所を選べます。
  • 著作権表示が簡単に設定できます。
  • SEO対策としてgoogle、Facebook、Twitter用のmetaタグを自動で挿入します。
  • Facebook、Twitter、Google+、Pocket、Line、Hatenaのソーシャルボタンの設置ができます。
  • Googleアナリティクスのコードを設定できます。
  • sitemap.xmlとrobot.txtを自動で設置します。
  • sitemap.xmlの更新頻度と優先順位を設定できます。
  • サイトのキャッシュを作成しサイトを高速表示できます。
  • テーマカスタマイザを使ってフォントの色やリンクホバーの色を変更できます。
  • フォントファミリーを簡単に変更できます。
  • アドセンスの設置ができます。
  • PubSubHubbubの実行ができます。
  • Lazy loadを導入できます。
  • 人気記事ウィジェットを設置できます。
  • メディアアップロード時にpng画像とjpg画像を圧縮できます。
  • ビューチェンジ機能*1を搭載。
  • レイアウトcssをインライン化しました。
  • fancyBoxやPrismなどのcssを遅延読み込みしています。
  • jQueryを読み込み速度向上のためフッターで読み込むことができます。
  • 内部javascriptの遅延読み込みをしています。
  • トップメニューはレスポンシブ対応済み。第三階層まで表示できます。NEW

*1 ビューチェンジ機能とは追加のCSSを加えることでサイトの見た目を簡単に変更できる機能

GitHubからダウンロード

サンプルページ

更新履歴

Ver 3.3 2017年2月7日 メニューを第三階層まで表示できるようにする
Ver 3.2 2017年2月6日 Prism.jsがちゃんと動作していないのを訂正
Ver 3.1 2017年2月5日 内部JavaScriptファイル遅延読み込み
Ver 3.0 2017年2月4日 レイアウトcssのインライン化
その他のcssファイルを遅延読み込みにする。
jQueryをフッターで読み込みできるようにする。
Ver 2.1 2017年2月1日 javascriptの圧縮
lazy loadの設定を追加
Ver 2.0 2017年1月30日 ビューチェンジ機能を搭載
Ver 1.8.2 2017年1月29日 ライセンス関係を調整
Ver 1.8.1 2017年1月29日 [キャッシュ]のタブを[表示速度]のタブに変更
Ver 1.8 2017年1月29日 メディアの新規投稿時jpg画像とpng画像を圧縮する機能を追加
Ver 1.7.2 2017年1月27日 テーマで使用されているpngファイルを圧縮する
Ver 1.7.1 2017年1月27日 no-image.pngへのリンクが切れていたのを修正
Ver 1.7 2017年1月27日 人気記事を表示するウィジェットを設置
メニューがちゃんと設定できないのを修正
個別ページでパン屑リストとナビゲージョンバーが違うデータを取ってきていたのを修正
Ver 1.6.3 2017年1月27日 jsファイルやcssファイルを縮小する。
軽微な修正
Ver 1.6.2 2017年1月25日 GoogleとBing に自動的にサイトマップを送信するようにする
Ver 1.6.1 2017年1月25日 トップに戻るボタンの不具合を修正
Ver 1.6 2017年1月25日 Lazy loadを導入
PubSubHubbubでのエラーキャッシュに制限時間を付ける
Ver 1.5.1 2017年1月24日 PubSubHubbubを実行したかどうかを管理画面に表示させる
Ver 1.5 2017年1月23日 PubSubHubbubの実行を追加
Ver 1.4.4 2017年1月22日 関連項目で自分の投稿を取得していたのを取得しないように変更する。バージョンの付け方を変更
Ver 1.43 2017年1月22日 fancyBoxが正常の動作しないのを解消
Ver 1.42 2017年1月22日 cache.phpの’Warning: Missing argument 1’と’Warning: Invalid argument supplied for foreach()’のエラーを解決する
Ver 1.41 2017年1月22日 アドセンスの広告コードの所でダブルクォーテーションとクオテーションがエスケープシーケンスされてしまう現象を解消
Ver 1.4 2017年1月21日 アドセンス設定を追加
Ver 1.3 2017年1月15日 キャッシュ機能の追加
Ver 1.21 2017年1月11日 sitemapの削除を追加、robot.txtの設定
Ver 1.2 2017年1月9日 sitemap設定を追加
Ver 1.1 2016年12月30日 トップに戻るボタンを追加
Ver 1.0 2016年12月18日 メジャーアップデート

Comments are closed.