HoBoFoTo

Hobo everyday foto.

Windows 10 IIS環境下でPHP Code Beautifier and Fixerを実装する方法

前回の

でPHP_CodeSnifferを使ってphpの構文チェックを紹介しました。今度はチェックした構文を整形するツールPHP Code Beautifier and Fixerを紹介します。

diffのインストール

phpcbf(PHP Code Beautifier and Fixer)を使うためには差分ソフトのdiffが必要になります。

まだインストールされていない人は、

からダウンロードする必要があります。

 

2つのダウンロードしたdiffutils-2.8.7-1-bin.zipとdiffutils-2.8.7-1-dep.zip(2.8.7の部分はバージョンで違う)をそれそれ解凍し、それぞれのファイル群を一つにまとめます。

 

まとめてできたフォルダをD:¥などの適当なところに移動させます。

後は、環境変数のPathを通せば、diffが使用できます。

Pathの通し方

コルタナに「システムの詳細設定」と入力して、システムのプロパティを起動します。そして一番下にある環境変数をクリックします。

pathを選択して「編集」をクリックします。

新規をクリックして、D:¥などの適当なところに移動したpathを入力します。

これで環境変数の登録ができました。

phpcbfの使い方

これで、phpcbfを使えるようになりました。コマンドラインで後は整形したいファイルがあるフォルダに移動し

phpcbf --standard=WordPress --no-patch functions.php

と入力すると、

phpcbf --standard=WordPress --no-patch functions.php
Processing parts.php [PHP => 494 tokens in 59 lines]... DONE in 153ms (0 fixable violations)
Fixed 0 files
Time: 1.05 secs; Memory: 11Mb

と整形することができました。
 

よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です