HoBoFoTo

Hobo everyday foto.

文字式の加法、減法

文字式の計算を考えていくことにしましょう。

文字式の加法

文字式の入った加法を計算をしてみましょう。

     \begin{align*} &2a+3a\\ &=2\times a+3\times a\\ &=(2+3)\times a\\ &=5\times a\\ &=5a \end{align*}

2行目から3行目にかけて前回行った分配法則が使われています。

この式からわかるように同じ文字同士ならば数字をたすだけで計算することができます。

この同じ文字のことを同類項どうるいこうといいます。

文字式の減法

では、減法を見て見ましょう。

     \begin{align*} &2a-3a\\ &=2\times a-3\times a\\ &=(2-3)\times a\\ &=-1\times a\\ &=-a \end{align*}

減法も加法と同じように分配法則を使って計算することができます。

上の計算式からわかるように文字式の加法と減法は、同類項同士の数字の部分を計算することで答えを求めることができます。

加法、減法の混じった式

たくさん文字式が出てきたときでも、

     \begin{align*} &2a-4b+2c+3b-2c+7a\\ &=2a+7a-4b+3b+2c-2c\\ &=(2+7)a+(-4+3)b+(2-2)c\\ &=9a-b \end{align*}

という風に同類項を見つけそれの数字部分を計算することで答えを求められます。

 

よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 教育ブログ 算数・数学科教育へ